[Windows10] ディスクイメージ書き込みツール をコマンドで実行する方法


ディスクイメージ(ISO)ファイルから DVD に書き込みを行うには、Windows 10 などで標準搭載されている『Windows ディスク イメージ書き込みツール』を使いますが、コマンドで実行することも出来ます。

普通は使いませんけれど、エクスプローラーから『Windows ディスク イメージ書き込みツール』が実行できないマシンだったり、コマンドから実行すると ハッカー っぽくて カッコイイ!と感じる方の お役に立てるのではないかと思い、そのコマンドをご紹介します。

コマンドを入力するには

Windows でコマンドを入力して実行するには、『ファイル名を指定して実行』か『コマンドプロンプト』を使用します。

『ファイル名を指定して実行』は、キーボードで Windowsロゴ + R を押すと表示されます。

『コマンドプロンプト』は、『ファイル名を指定して実行』で「cmd」と入力して実行すると表示されます。(他の方法については割愛します。)

コマンド

『Windows ディスク イメージ書き込みツール』のファイル名は C:\Windows\System32\isoburn.exe なので、『ファイル名を指定して実行』や『コマンドプロンプト』で「isoburn」と入力すると、アプリケーションが呼び出されます。

書き込みツールを起動するには ファイル名を指定します。

仮にファイル名が D:\disc-images\Windows.iso の場合は、

isoburn "D:\disc-images\Windows.iso"

というように入力します。

DVD書き込みドライブを指定する

書き込み用ドライブが複数ある場合は、使用するドライブをコマンドで指定することができます。

仮に E: ドライブとした場合は

isoburn E: "D:\disc-images\Windows.iso"

というように入力します。

実行と同時に書き込みを開始する

オプションの “/Q” を使うと、コマンドを入力したら直ちに書き込みを開始することができます。

isoburn /Q E: "D:\disc-images\Windows.iso"

というように入力します。

スポンサーリンク