スマートフォン/タブレット向けサイト構築に jQuery Moblie Framework

jQuery mobile flamework

jQuery Mobileは、タッチスクリーンに最適化されたWEBページを作成するためのフレームワーク。

jQuery moblie framework 公式サイト

jQuery Mobileを用いると、レイアウトやフォームの見た目や動作がタッチ操作に適したものになり、
様々な機種に対応することができる。

対応ブラウザ一覧(最適化の度合い別)

jQuery Mobile は、本体だけでもいい働きをする。
より簡単に使える jQuery UI のモバイル版と考えたらいいかもしれない。

HTML5のカスタム属性を簡単なルールに則って記述するだけでキレイに表示させることができ、
HTMLが書ける人なら難しいとは思わないだろう。

いくらかのPC用ブラウザでも動作するので、jQuery Mobileを使ってデザインすれば、
iPhone/iPad,AndroidOSのスマートフォン/タブレット、そしていくつかのPC用ブラウザに対して
一度に対応させることができる。

練習ついでに簡単なサンプル(時点最新の1.0.1を使用)を作ってみたので興味がある方はどうぞ。
(解説はまた改めて)

So-Kai-App – jQuery Mobile Framework (1.0.1) Examples

本家のDEMOページ(1.0.1)もどうぞ。

実際に使ってみて最初に苦戦するのはきっとリンク。
jQuery Mobileが制御を乗っ取ってスムーズな画面遷移が行われる反面、
通常のHTMLや絶対パス・相対パスの考え方では、遷移先のページが正常な動作を行えないことがある。
そうならないよう理解して対応/スムーズな画面遷移を捨てる設定、それらの方法はまた改めて掲載しようと思う。

既に 2.0 のリリースが決まっているらしい。今後の発展に期待だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. Kai より:

    もう 1.1.0 RC1 が公開されてた