[FuelPHP] 登録日時 と 更新日時 の 自動設定


FuelPHP で データの 登録 や 更新 を行う際に、登録日時 と 更新日時 を FuelPHP に設定させる方法。

『Model_Crud』を継承したモデルでは、以下のように プロパティ を 追加 すると
登録日時 と 更新日時 の 設定 を FuelPHP が 自動 で行ってくれる。

protected static $_created_at = 'created_at';
protected static $_updated_at = 'updated_at';
protected static $_mysql_timestamp = true;

これは登録日時の列名が「created_at」で、更新日時の列名が「updated_at」の例になる。

『Orm\Model』を継承したモデルでは、以下のようにプロパティを追加すると
登録日時と更新日時の設定をFuelPHPが自動で行ってくれる。

protected static $_observers = array(
	'Orm\Observer_CreatedAt' => array(
		'events' => array('before_insert'),
		'mysql_timestamp' => true
	),
	'Orm\Observer_UpdatedAt' => array(
		'events' => array('before_save'),
		'mysql_timestamp' => true
	),
);

『Orm\Model』の方は、列名は固定かな。

スポンサーリンク