[SAStruts] Windows開発環境セットアップ

今現在仕事で”Super Agile Struts”(以降SAStruts)を実際に扱っているが、宣伝文句にある”スクリプト言語を超えるSuper Agileな開発”というのは、自称PHP熟練者から見ればかなりオーバーな表現だと言える。
しかし、Javaのフレームワークだけを比べればかなり開発がしやすく、つい”スクリプト言語を超えるSuper Agileな開発”なんて言いたくなる気持ちも理解できる。
開発のしやすさは、”あのStruts”から派生しているとは思えないくらいだ。

参考書としてはSeasar2徹底入門がおすすめ。みんな持ってた。

この記事では、SAStrutsのWindows開発環境をセットアップする。


Java(JRE)をインストールした後、ダウンロードしたPleiadesのZipファイルを展開して、できたフォルダを”dev-sastruts”に改名、その中にTomcatを展開。
eclipse.exe を起動し、ワークスペースに「../workspace」を指定。
するとフォルダ構成は以下のようになる。
 dev-sastruts
  ├ apache-tomcat-6.0.36
  │ ├ conf
  │ └ bin
  ├ eclipse
  │ └ eclipse.exe
  └ workspace

まず、Tomcatの server.xml と context.xml を編集する。
どちらのXMLも「{Tomcat ホーム}\conf」にある。
編集内容は本家(下記リンク)を参照。
 ⇒ server.xml
 ⇒ context.xml

後はEclipseをセットアップしていく。

[ウィンドウ] -> [設定]
 [Java] -> [インストール済みの JRE]
  jdk1.6 がなければ追加しチェック
 [Java] -> [コンパイラー]
  コンパイラーの準拠レベル:1.6
 [Tomcat]
  Tomcat バージョン:バージョン 6.x
  Tomcat ホーム:{Tomcatを設置したフォルダ}

Tomcat バージョンとTomcat ホームを設定する

Tomcatの設定

 [インストール/更新] -> [使用可能なソフトウェア・サイト] -> [追加]
  Name:Seasar Plugin3.2
  URL:http://eclipse.seasar.org/updates/3.2/
 [インストール/更新] -> [使用可能なソフトウェア・サイト] -> [追加]
  Name:Seasar Plugin3.3
  URL:http://eclipse.seasar.org/updates/3.3/
使用可能なソフトウェア・サイトの追加

使用可能なソフトウェア・サイトの追加


[ヘルプ] -> [新規ソフトウェアのインストール…]
 以下をインストール。(何度か再起動が必要。)

  • 作業対象:Seasar Plugin3.2
    • DbLauncher
  • 作業対象:Seasar Plugin3.3
    • Dolteng
    • Kijimuna
    • ResourceSynchronizer
    • SAStrutsPlugin

ここまでエラーにならなければ基本的なセットアップは完了だ。

次回はプロジェクトを作成する。

ちなみに以下の環境でセットアップした時はDoltengのインストールでエラーになった。

  • Windows7 (32bit)
  • Java7
  • Eclipse 3.7 Indigo

この時は[http://eclipse.seasar.org/updates/3.3/]からDoltengに関係するJarファイルを集めて、Eclipseのフォルダにおいて再度インストールを試みたら成功した。

また、Eclipse 4.2 JUNO で試した時はデバッグができなかった。

スポンサーリンク