[動画変換] 簡単にMKVからMP4へ変換する方法

動画変換 MKV→MP4 ソフトウェア紹介
フリーソフトの OBS で録画したファイルの拡張子は mkv になっていますが、mkv は情報が多くて保管するのにも配信するのにも向いていません。
試しに 4分36秒で 14.7 MB の mkv ファイルを mp4 (HEVC) に変換したところ、ファイルサイズは 3.42 MB となり 76.7% も容量を節約できました。

当エントリでは動画変換に使用したソフトウェアと手順をご紹介します。

私は Windows 10 を使用していますが、ご紹介するソフトウェアは Mac にも対応しています。

動画変換に使用したソフトウェア

動画の変換には VideoProc というソフトウェアを使いました。
製品ですが購入しなくても5分までの動画なら変換できます。
(ちなみに VideoProc は画面録画機能も備わっていて、録画した動画は MP4 (H264+AAC) 形式で保存されますので、変換する手間はかかりません。)

動画変換の手順

まずは VideoProc のサイトにアクセスして、「無料ダウンロード」ボタンをクリックします。

VideoProcのダウンロード

ダウンロードが終わったらファイルを実行し、VideoProc をインストールして起動します。

VideoProc のインストール

起動したら「ビデオ」をクリックします。

VideoProc - ビデオボタンをクリック

「ビデオ」をクリックして、変換したいファイルを選びます。
(一度に複数のファイルを選ぶこともできます。)

VideoProc - 左上のビデオボタンをクリック

出力する種類を選んで「RUN」ボタンを押すと変換処理が始まり、変換が終わると出力フォルダが開きます。

出力するファイルは「MP4」の「HEVC」(H265) が良いと思います。
試しに 14.7 MB の mkv ファイルを mp4 ファイルへ変換してみたら、「H264」では 8.78 MB となり、 「HEVC」(H265)では 3.42 MB となりました。

変換が終わったら、変換前がファイルは残っていますので、不要なら削除しましょう。



VideoProc について

VideoProc は Digiarty (Chengdu Digiarty Software, Inc) の製品です。

動画変換、動画編集(トリミング、動画分割、動画結合、字幕など)、DVD変換、画面録画、動画から音声の抽出、動画サイトからのダウンロード(要動画サイト規約確認)、など動画に関する彩な機能を備えられていますが、操作はとてもシンプルでわかりやすいので、パソコン操作があまり得意でない方でもきっと操作しやすいだろうと思います。
個人用だけでなくビジネス用としても使えそうですね。
いくらかの機能は無料・無制限で使えますが、永久ライセンスもかなり手頃なので、まずは無料で試してみて、気に入ったらご購入を検討してみてはいかがでしょうか。

それはまた。

スポンサーリンク