「木板」の読み方


商品名などに「木板」と書かれているのを見かけますが、何と読むかご存知でしょうか。

インターネットで検索してみると、「きいた」「もくはん」「もっばん」と、複数の意味と複数の読み方があるようです。
検索しても なかなか出てこないんですが、「いた」と ルビ(ふりがな) を振る小説か何かもあるみたいです。

当エントリでは、木の板 という意味での読み方を考えました。

そもそも正解ってあるのでしょうか。

立場や職業、方言なんかで読み方が違うかもしれません。

念のため言っておきますが、私は学者でも何でもないし専門外のサラリーマンですので、当記事のことは参考程度として考えて頂けたら宜しいとか思います。

木板 = いた ?

木の板は 昔から「いた」 です。

そもそも 板 という字には 木偏 が付いてますからね。

木じゃない板を「いた」と呼ぶのを聞いたことはありません。せいぜい「鉄の板」「プラスチックの板」「アクリルの板」と言うように、頭に「〇〇の」が付きますよね。

文明の進化で、板のようなものが色んな素材で作られるようになったから、売る側が混乱を避けるために「木板」と表すようになったのだろうと推測します。

(揚げ足を取られないよう) 一目で素材が伝わるよう便宜を図って、「木」という字を添えているだけでしょうから、べつに「木」まで読まなくていいと思います。

木板 = Wooden board

そもそも「木板」って言葉が、英語の Wooden board から直訳されてできた言葉なんじゃなかと思っています。

「’board’ が ‘板’ だから、’Wooden board’ は ‘木板’ だな!」みたいな感じで。

「木板」って言葉がいつから使われているのかは 知りませんけどね。

木板 = きいた ?

これが正解とも思えますが、実際に「きいた」なんて きいたことがありません。

goo の 国語辞書 にも載ってませんし、Windows 10 搭載 の Microsoft IME では「きいた」を「木板」に漢字変換できません。

知恵袋みたいなサイトで「きいた」と返答している人が多いのですが、恐らくは検索上位になっている Weblio のページを読んだ人たちが回答しているのだろう、と感じがします。

「木板」の意味は木の板のこと。Weblio辞書では「木板」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説しています。

Weblio の「日本語表現辞典」ですか、なるほど。「日本語表現」と言われれば、なくもないですね。

んー、どこかの業界の専門用語ですかね?

木板 = もくいた ?

「もくいた」で「木板」に漢字変換はできるのですが、音読み と 訓読み が混ざっていますので、間違った読み方である可能性が高いです。

ただし、「もくいた」で変換すると一発で変換できるので、パソコンで入力する時には良いかも知れません。
(少なくとも Windows 10 搭載 の Microsoft IME においては。)

木の板 = きのいた ?

きいた より確実に伝わる言い方です。

日本史なんかだと、「の」を発音するんだけど 字には現れない っていうのが結構あったように思います。

例えば大昔の人ですが、人名で「中臣鎌足」は「なかとみ の かまたり」と読みます。

なので「木板」も同じ様に「の」を入れて「き の いた」読んだら、相手も聞きやすいし、確実に伝わるので、「きいた」よりは断然良いと思います。

木板 = もくはん ?

印刷を行うために字や絵を彫った板のことです。

「木版画」とは別ですね。

木の板という意味ではありませんので、ハズレです。

木板 = もっばん ?

仏教寺院の法具のひとつです。

Mobban であって
Moppan ではないようです。

なんだか言いづらそうですね。

世界大百科事典 第2版 - 木板の用語解説 - おもに仏教寺院の法具として用いる。材質,形状に従って,雲板(うんばん),木板(もつばん),魚板(ぎよばん)の3種がある。雲板は青銅または鉄製で平板状雲形をなし,雲版とも書き,火版,大版,長板,斎板,板鐘などともいう。

木の板という意味ではありませんので、ハズレです。

私の結論

木板 が 単に 木の板 を意味する場合、「いた」と呼ぶのが自然で良い かと思います。
次点で「きのいた」ですね。相手に伝わりやすいです。

普段は 木板(いた)、丁寧に話すときは 木板(きのいた) というように使い分けれるのが 宜しいかと思います。

入力する時は「もくいた」が楽です。
「き」と「いた」だと2回変換するので面倒で、「きのいた」だと一文字消さなければならないので面倒です。
※ 入力の解決策として「単語の登録」をする手もあります。

おしまい。

「きいた」って読み方が気に入らないから書き始めた記事でしたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

お役に立てたのなら嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク