[Windows10] アカウントを作成する方法(メルアド不要版)

今回は Windows 10 でローカルアカウントを作成する手順です。

Windows 10 のアカウントには、3つのタイプがあります。

  • Microsoft アカウント
  • ドメインアカウント
  • ローカルアカウント

「Microsoft アカウント」は、複数のデバイス(パソコン等)で共有できるアカウントです。

「ドメインアカウント」は所属している会社などが管理しているアカウントで、ドメイン(グループみたいなもの)に所属するパソコンなら共有できるアカウントです。

「ローカルアカウント」は、昔の Windows を知っている人にとっては「普通のアカウント」です。パソコン間でアカウントを共有することはできません。

このうち、今回ご紹介するのは ローカルアカウント の作成手順です。

ローカルアカウントは、個人でも、メールアドレスが無くても作成できる、最も手軽なアカウントです。

ちなみに、上記のタイプとは別に「アカウントの種類」として「管理者」と「標準ユーザー」があります。

まずは管理者のアカウントでログインします。
もしパソコンにアカウントが 1つしか無いならそれが管理者のアカウントです。

ログインしたらスタートメニューで ギアのマーク をポチっとして 設定ウインドウ を開きます。
[Windows10] アカウント追加-1

設定ウィンドウを開いたら、「アカウント」をポチっとします。
[Windows10] アカウント追加-2

「家族とその他のユーザー」をポチっとします。
[Windows10] アカウント追加-3

今回は「その他のユーザー」を追加します。
「その他のユーザーをこの PC に追加」をポチっとします。
[Windows10] アカウント追加-4

Windows 8 は持ってないんで知りませんが、Windows 10 でアカウントを追加しようとすると、次の画像のようにメールアドレス(それも Microsoft アカウントのメールアドレス)の入力を求められます。
Microsoft アカウントを普及させたい気持ちも便利な機能を薦めたい気持ちもわかるんですが・・・、最近あまりに露骨な気がします。

「このユーザーのサインイン情報がありません」をポチっとします。
(メールアドレスは入力しません。)
[Windows10] アカウント追加-5

次の画像、よく読むと日本語が変ですが、外国の方が翻訳されたのだろうと考えて許しましょう。
「Microsoft アカウントを持たないユーザーを追加する」をポチっとします。
(メールアドレスは入力しません。)
[Windows10] ローカルアカウント追加作成-1

「ユーザー名」と「パスワード」と「パスワードのヒント」を入力します。
「次へ」をポチっとすれば、ローカルアカウントが作成されます。
[Windows10] ローカルアカウント追加作成-2

もし管理者にしたい場合は、追加されたアカウントをポチっとしたら表示される「アカウントの種類の変更」と書かれたボタンをポチっとします。
そして出てきた画面で「管理者」を選んで「OK」をポチっとすれば管理者になります。

お役に立てたならば幸いです。
次回は Gmail アドレスを使ってアカウントを作成する方法をご紹介しようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク